Colum

コラム

なぜ抜け毛は増えるのか?②


頭皮マッサージを習慣に

前回ご紹介したのですが髪の毛にはヘアサイクルがあり「成長期、退行期、休止期」があります。

これがうまく働かないと太く育つための成長期を途中で終えてしまい未完成のまま退行期、休止期に入ってしまいます。

しかし、刺激を与えると脳に「髪の毛を生やせ!」と信号が送られ、またヘアサイクルが再開されます。

では、どういったマッサージをすればいいのかを詳しく紹介していきます。

1.指の腹の部分で円を描くようにして頭皮をもみほぐす

2.頭皮をつかむようにし指先に地下あらを入れて、引き上げる

3.手のひらを使い頭皮を圧迫する

これらの動きだけでも毎日のシャンプーやトリートメントの時にすることによって

血行促進され次に生えてくる毛が太くて健康的な髪生えてきます。

バランスの良い食生活

実は抜け毛と食生活は密接しています。

昔から海藻類を食べると髪の毛は早く伸びるといわれていましたが、これはあくまでも迷信だと考えてもいいです。

確かにツヤやかな髪にするのであれば海藻類はミネラルが豊富に含まれているためおススメです。

しかし、抜け毛予防には期待はできません。海藻類中心の食事をしていると当たり前ですが食事バランスは崩れてしまいます。

髪の毛の主成分から考えて抜け毛予防の食材を選ぶことによって抜け毛を減らすことができます。

90%がタンパク質でできている髪の毛には、食事からとるたんぱく質も有効な栄養となります。

ビタミン、ミネラル類も頭皮の発毛環境を整えるのにはオススメな栄養素です。

抜け毛予防に最適な食材を紹介していきます。

①レバーは抜け毛対策に必要な栄養がたくさん!

レバーには鉄分や亜鉛、ビタミンB群など抜け毛の予防にオススメの成分がたくさん入っています。

1つの食材にまとまっていると、調理も簡単なのでとてもおススメです!

②柑橘系のフルーツで血行を促進!

ビタミン類は血管を広げる効果を持っているので、血行促進には最適です。

頭皮の血流が良くなると、栄養や酸素も行き渡り毛根が活性化されます。

③納豆は安くて続けられる抜け毛対策食品

納豆は良質なタンパク質が含まれています。

また、大豆製品は女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするイソフラボンも含有しています。

男性ホルモンの抑制効果もあるため抜け毛対策には欠かせない食品です。

以上のように食材を選んで抜け毛予防をすることが出来ます。

食事は毎日のことで身体を作るのに欠かせませんから、

抜け毛に効果のあるものを取り入れながら食生活改善をするのもオススメです。

床に落ちている髪の毛や、お風呂の排水溝に詰まっている髪の毛の量を見て、

「あれ?抜け毛が前よりも増えたかも・・・」と思う方は多いかと思います。