Colum

コラム

野菜を食べて抜け毛を予防しよう!


活性酸素が頭皮や髪の毛にダメージを与え、抜け毛の原因になります

本来、活性酸素は、人の身体を守るために必要なものです。

しかし、ストレス、不規則な生活習慣、紫外線などの影響で活性酸素が過剰になると、

鉄が酸素で錆びるのと同じように、身体を酸化させ細胞を傷つけてしまいます。

その結果、頭皮や髪の毛にもダメージを与え、抜け毛の原因になります。

抜け毛を防ぐためには、活性酸素を減らす抗酸化作用が必要となります。

女性の抜け毛の原因

▶︎加齢

▶︎不規則な生活

▶︎ホルモンバランスの乱れ

▶︎過度なヘアケア

▶︎ダイエット

▶︎偏食など

このような精神的・肉体的ストレスにより活性酸素が発生しやすい環境下にあります。

抗酸化作用の働き

▶︎活性酸素を抑える

▶︎若々しさを保つ

▶︎ガンを抑える

▶︎肝機能をよくするなど

7色の野菜や果物には高い抗酸化作用があります

7色の野菜や果物には、高い抗酸化作用があります。

抗酸化作用は、細胞を元気する力があり、

髪の毛に栄養を行き渡らせ頭皮の血行をスムーズにして抜け毛を防ぎます。

抜け毛を防ぐために、1日の中で、

赤、橙、黄、緑、紫、黒、白の7色を意識した野菜や果物をバランス良く、食べることをオススメします。

外食のときも、7色を意識することで野菜を多く使ったレシピになります。

代表的な7色の野菜や果物

◆赤 トマト、スイカ、トウガラシ、パプリカ

◆橙 かぼちゃ、にんじん、みかん

◆黄 とうもろこし、ゴールドキウイ、菊の花、たまねぎ、レモンなど柑橘系

◆緑 ほうれんそう、モロヘイヤ、ブロッコリー、おくら

◆紫 なす、黒豆、赤しそ、紫キャベツ

◆黒 ごぼう、じゃがいも

◆白 にんにく、ねぎ

フィトケミカルのパワーを取り入れて、体内からアプローチする

野菜や果物の色は、私たちにフィトケミカルの存在を教えてくれます。

植物は過酷な環境でも動くことができないため、特別な化学物質(色、辛み、香りなど)を自らつくり、

紫外線や害虫から身を守っています。

この化学物質こそ、フィトケミカルです。

私たちは、さまざまなフィトケミカルのパワーをかりて、体内から抜け毛にアプローチすること大切です。