Colum

コラム

髪の毛が乾燥してからでも間に合うヘアケア方法は?


髪の毛が乾燥してしまった。パサパサになってしまった。

このような方がまたサラサラの髪の毛にする方法はあるのでしょうか?

一度ダメージを受けてしまった髪の毛を、元通りにすることは正直難しいです。

ですが、出来る限り近づけることは出来るので、ホームケアとサロンケアをそれぞれ紹介します。

ホームケア

乾燥している髪の毛は、キューティクルが開いていることが多いです。

なので、アルカリに偏ってしまっている髪の毛を、コンディショナーやトリートメントを使用してケアする必要があります。

お風呂上がりは、しっかりと乾かして、洗い流さないトリートメントなどで髪の毛を保護しましょう。

これで手触りがだいぶ良くなると思います。

▶︎どのようなシャンプーやコンディショナーを選べばいい? 

油分の多いシャンプーやコンディショナー、トリートメントを選んでください。

具体的には、乾燥を防ぐための成分が含まれている、カラーリング用の製品を使用しましょう。

市販されているシャンプーなどは、油分を取り除いてスッキリとさせる製品が多いのですが、

それを使用してしまうと頭皮の脂を取り除き過ぎてしまい、逆に乾燥につながってしまいます。

サロンケア

サロンケアとホームケアの最大の違いは、

髪の毛の状態に合わせたトリートメントをオリジナル配合できるか、できないかだと思います。

美容院ですと、髪の毛に足りない栄養素を複数のトリートメントを配合して、同時にヘアケアすることが可能になるんです。

髪の毛に必要な栄養を一度に取り込むことができるので、髪の毛のダメージを受ける前の元の状態に近づけることができます。

▶︎ホームケアでも手触りが良くなるとのことでしたが、サロンケアをするメリットはあるの? 

「手触りが良くなる」イコール「髪の毛が健康になる」ではないんです。

ホームケアの場合は、手触りが良くなるかもしれませんが、髪の毛の内部はまだダメージを受けている状態なんです。

髪の毛にダメージを受けていると、ヘアカラーをしても退色が早まりますし、パーマをかけても持ちが悪くなってしまいます。

サロンケアをすることで、髪の毛を健康的にするのはもちろん、

その後のデザインのクオリティを上げることが可能になるんです。

まとめ

一度ダメージを受けてしまった髪の毛を、元に戻すのはやはり難しいとのことですが、

髪の毛をしっかりケアしてあげることで元の状態に近づけます。