Colum

コラム

プリン髪が目立つ!?


ヘアカラーは髪色が明るくなるし、髪の毛にツヤ感も出ているのでとても人気のメニューのひとつです。 

だけど、ヘアカラーをしてから時間が経つと、

地毛が伸びてきて「プリン髪」になってしまうのが悩みという方もいるのではないでしょうか。

今回は、「ヘアカラーはしたいけど、定期的に美容院に行けなくてプリン髪になってしまう」という方でも、

安心してヘアカラーを楽しんでもらえるように、プリン髪になりにくいヘアカラーや対処法をご紹介します。

そもそもプリン髪ってどんな状態?

プリン髪は、ヘアカラーをして時間が経過した時に、

生え際の地毛とヘアカラーをした毛束の色味の段差の違いのことを指します。

もうちょっと具体的に説明をすると、ヘアカラーを長時間放置してしまうと、

ヘアカラーを入れた部分は黄色味があるのに、地毛が生えてきた部分は黒くなっています。

その見た目がプリンのようだから、プリン髪と一般的に言われるようになりました。

ヘアカラーをしてから、どれくらいでプリン髪が目立ってくるのでしょうか?

ヘアカラーをした時の髪の毛のトーンが、明るければ明るいほどプリン髪に気付くのが早くなります。

逆に染めたヘアカラーがナチュラルで、トーンが暗いほどプリン髪が目立ちにくくなるんです。

<参考>

・10~9レベル:1ヶ月から1ヶ月半でプリン髪が目立ってくる

・8~7レベル:2ヶ月くらいでプリン髪が目立ってくる

・6レベル以下:3ヶ月くらいでプリン髪が目立ってくる

ナチュラルなヘアカラーだと結構持つんですね。色味自体の持ちは確かにあるかもしれません。

ですが、ヘアカラーをして2ヶ月以上経つと、毛先部分のコンディションが落ちてきて、

ツヤ感がなくなってくるので2ヶ月くらいでのメンテナンスを推奨しています。

なぜトーンが明るいほどプリン髪が目立つんですか?

トーンが明るいほど、ヘアカラーをして透明感のあるカラーと、

地毛の不透明感のある黒のコントラストに開きがあるからです。

明るさのトーンが下がるほど、不透明感と透明感のコントラストのズレが抑えられるので、

グラデーションのように馴染むという仕組みになっています。

色味の変化でプリン髪が目立つ、目立たないということはありますか?

その人の持っているメラニンの色によって、目立ちやすい目立ちにくいが変わってきます。

例えば赤メラニンが少ない方は、赤みのないタイプのブラウンを入れると馴染みやすくなり、

逆に赤みのある方は、少し暖かみのあるブラウンを選ぶと自然に馴染みやすくなるんです。

自分が持っている色相の色に対して、同じような色味のヘアカラーをすることで、退色したときの変色が起きにくくなります。

色が落ちたとみんなが感じる現象は、この変色が原因になります。

なので、自分が持っている色相にあったヘアカラーをすることで、

変色も緩やかになるので退色しているように感じにくくなるんです。