Colum

コラム

トリートメントとコンディショナーの違いとは!?


キレイな髪の毛を保つためには、汚れをしっかり落とすシャンプーをはじめ、

髪の毛を保護してくれるコンディショナーやリンス・トリートメントなども使いますよね。

まずは、それぞれどんな役割があるのか確認してみましょう。

シャンプーの役割

シャンプーの主な役割は、髪の毛や頭皮の汚れを落とすことです。

洗い方のポイントは、よく泡立てたシャンプーで優しく、頭皮をマッサージするように洗います。

爪を立てたり、ゴシゴシと強く洗うと、頭皮の水分が過剰に失われ、炎症などのトラブルを引き起こす可能性があります。

また、洗い残しも、かゆみや頭皮の炎症、ふけの原因になる可能性があるのでしっかり洗い流しましょう!

トリートメントの役割

トリートメントの役割は、髪の毛の内側に栄養成分を浸透させ、ダメージを補修することです。

スキンケアでいえば、美容液や保湿クリーム似た役割があります。

トリートメントを髪の毛につけてから、長時間放置すると効果がより出ると思っている方も多いようですが、

置きすぎは逆に髪の毛に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

コンディショナーの役割

コンディショナーの役割は、髪の毛の表面を保護し、キューティクルを整えてくれることです。

ちなみにリンスは、日本独自のもので、まだ石けんで髪を洗っていた時代に、髪を整えるものとして誕生しました。

コンディショナーの登場により、現在は同じような意味合いをもつものが多いようです。

シャンプー・トリートメント・コンディショナーを使う順番

シャンプーやトリートメントなどの役割は分かりましたが、実際に使う順番を紹介したいと思います。

【使用する順番】

① シャンプー:頭皮や毛髪の汚れを洗い流す

② トリートメント:髪の毛の内部を補修する

③ コンディショナー・リンス:髪の毛の表面をコーティングする

こちらが正しい順番です。

トリートメントは最後に使用するもの、と思っていた方も多いのではないでしょうか。

『トリートメントは髪の内部を補修』『コンディショナーは髪の毛の表面をコーティング』と

それぞれの役割を把握すると、その流れにも納得できますよね。

またトリートメントをした後に、必ずコンディショナーを行わなくてはいけない、ということはありません。

髪の毛のダメージレベルや髪質にあったトリートメントを使用すれば、

コンディショナーを使用しなくても自宅でのヘアケアは十分です。